かあさんは雨女

語学と育児、その他いろいろ。

スペイン語ライティング修行記 〜Lang8の助けを借りて〜 その3「新年の抱負」

こんにちは。

今回は、久々にスペイン語ライティングの実践記録をお届けいたします。

前回の更新のあと入院したり、年末年始のバタバタがあったりで、じつに3ヵ月ぶりとなったスペイン語ライティング。こんなゆったりペースですが、今年も細々と続けていければと考えております。

 

さて、2019年が始まってもう1ヵ月が経ってしまいましたが(はやっ!)、今更ながら「新年の抱負」というテーマでライティングをやってみました。

今年、わたくし実は3年間の育児休業が終わって夏から職場復帰をする予定ですので、その内容も盛り込んだライティングになっております。今回も相互学習型SNS"Lang-8"の力を借りて、スペイン語力をブラッシュアップしてまいりますよ!

 

では早速、まずは自力で書いた文章(添削前)です。間違いだらけですので、悪しからず〜。

 

・La meta de este año(今年の抱負)

 

  1. El verano de este año, vuelvo a trabajo como maestra de una escuela secundaria.
    (今年の夏、私は中学校の教師としての仕事に復帰します。)
  2. Ésta es la primera vez que trabajar después di a luz mi hija.
    (娘を出産して以来、働くのは初めてのことです。)
  3. Entonces, relajar mucho y no trabajar demasiado son mi primera prioridad de este año.
    (だから、たくさんリラックスをし、働きすぎないことが今年の最優先事項です。)
  4. Es para compaginar trabajo en casa y en escuela. No tener demasiado estrés es importante.
    (これは家事と仕事を両立させるためです。ストレスを溜めすぎないことが重要です。)
  5. También quiero estudiar poco a poco de español, ruso y inglés, escuchando las lecturas por radio.
    (また、スペイン語とロシア語、英語の学習も、ラジオ講座を聴きながら少しずつ進めたいです。)
  6.  hasta el verano:(そして夏までには…)
  7. ① Aprobar el examen del primer grado de Kanken (=el examen de carácter chino)
    漢検(=漢字の試験)の1級に合格する)
    ② Aprobar el examen del primer grado de ТРКИ, el examen de ruso
    (ロシア語の試験、ТРКИの第一レベルに合格する)
    Aprender hasta 12000 palabras inglés (Ahora sé 9000 palabras, por eso tengo que memorizar 3000 más)
    (英単語を12000語まで学習する(今は9000語を学習したので、あと3000語暗記しなければならない))
    ④ Seguir estudiando español para aprobar nivel B1 de DELE el proximo año
    (来年、DELEのB1レベルに合格するために、スペイン語の学習を続ける)
    ⑤ Escribir artículos de blog sobre español y ruso cada una vez al mes, por lo menos
    (ブログでスペイン語とロシア語の記事を、少なくとも月に1回以上書く)

 

こんなかんじです。

箇条書きが二重になってちょっと読み辛いですが、主に育休復帰後の働き方と育休中の学習の進め方についての目標を分けて書いてみました。

そしていつものように"Lang-8"に投稿したところ、今回もスペイン語話者の方がひとり、添削をつけてくださいました!

添削していただいたことを踏まえて、上記の文章を直していきますよ〜。

 

La meta de este año

Mi meta de este año (para el nuevo año) / Mis objetivos para este año

 

のっけから「新年の抱負」ってどう書くんだ…? と辞書を引き引き、「目標」「抱負」を意味する単語って複数(上記の他にもpropósitoとか)ありそうだったので迷いながら書いたタイトルでしたが、まず「私の」目標なんだから"mi"をつけとけ、という初歩的な指摘をいただきました。

更に、恐らくこちらの方が自然なのでしょう、"objetivo"という単語を使った例も示していただきました。主に「目的」という意味でしか知らなかったので、今回のように「目標」というニュアンスでも使えると聞いて驚きました。

 

  1. El verano de este año, vuelvo a trabajo como maestra de una escuela secundaria.
    En el verano / El próximo verano de este año, vuelvo a trabajar como maestra de una escuela secundaria.

    「今年の夏」というとき、「これから来る夏」という意味で"próximo"をつけると意味がはっきりしますね。

  2. Ésta es la primera vez que trabajar después di a luz mi hija.
    →Es la primera vez que trabajo después di a luz a mi hija / desde que nació mi hija.

    主語"ésta"は省いてオッケー。(というか省いた方がスペイン語らしい…?)
    「娘を産んでから」という表現は、「娘」を主語にし、「産まれる」という意味の動詞"nacer"を使って表現することができるのですね。「娘が産まれてから」という意味になります。恐らくこっちの方が自然なのだろうなあ…。

  3. Entonces, relajar mucho y no trabajar demasiado son mi primera prioridad de este año.
    De modo que mi primera prioridad este año
    será descansar mucho y no trabajar demasiado.

    おお、「結果」を示すイディオム"de modo que"!こういうの使えたらカッコいいなあ。これが入ることで「故に、今年の最優先事項は…」という主語で文を始めることができます。"entonces"より断然こなれた文になりますね。
    更に、もとの文(「〜が最優先事項だ」)だと主語が長過ぎたので、語順を入れ替えて「最優先事項は〜だ」という形に直していただきました。動詞は"ser"の直説法現在形を使いましたが、これから起こることなので未来形"será"を使った方が良いのですね。

  4. Es para compaginar trabajo en casa y en escuela. No tener demasiado estrés es importante.
    →Es para compaginar el trabajo en casa y en escuela. No tener demasiado estrés es importante.

    この文は、ほぼこのままで…大丈夫だったんだろうか?(定冠詞すぐ忘れちゃう…泣)

  5. También quiero estudiar poco a poco de español, ruso y inglés, escuchando las lecturas por radio.
    También quiero estudiar poco a poco de español, ruso e inglés, escuchando los cursos por radio.

    うむ、接続詞"y"は"i-"や"hi-"で始まる語(今回は"inglés")の前では"e"になるんじゃぞー。こういうのも忘れがちですねえ。

    "curso"(講義)という語は直接指摘をいただいたわけではありませんが、「lecturaだとなんか変…」と言われたので変えてみました。
    英語の"lecture"と似ている"lectura"という語、「講義」という意味だと勝手に思って書いたのですが、調べてみたところスペイン語では「読解」「読むこと」という意味なのですね。この"lectura"を使ったために「ラジオ講座」という意味が添削者さまにうまく伝わらず、違和感だけが残った…ということだと思われます。

  6.  hasta el verano:
    →Y  antes de que llegue el verano:

    おお! "antes de que+接続法"!!
    これまた「使いこなせたらカッコいいスペイン語表現」だなあ〜。これで「夏が来る前に」という意味の文になります。

  7. ① Aprobar el examen del primer grado de Kanken (=el examen de carácter chino)
    →Aprobar el examen del primer nivel de Kanken (=el examen de caracteres chinos).

    試験の「〜級」は"grado"か"nivel"か…と迷ったのですが、"nivel"が良かったみたい。
    何千字もある漢字を覚えるんだから、当然"caracteres chinos"と複数形になりますよね。単複の概念も、冠詞に次いで忘れがち…。

    ② Aprobar el examen del primer grado de ТРКИ, el examen de ruso
    →Aprobar el examen del primer nivel de ТРКИ, el examen de ruso.

    ここも"nivel"ですね〜。ロシア語試験ТРКИの「第一レベル」という呼び名については、スペイン語圏でも"primer nivel"と呼ばれていることをスペインのТРКИ公式サイトで確認いたしました。
    スペイン語漢検やらロシア語試験やらの話をしていると、なんだか訳わかんなくなってきちゃいますね。

    Aprender hasta 12000 palabras inglés (Ahora sé 9000 palabras, por eso tengo que memorizar 3000 más)
    Llegar a las 12 mil palabras (aprendidas) inglés (Ya sé 9 mil palabras, así que tengo que memorizar 3 mil más.)

    「1000」を"mil"と表現しておくと、ゼロの個数を読み間違えることもなく便利!
    「〜語まで覚える」は"llegar a ..."を使うとスマート。更に、"aprendido"(学習済みの)を後ろにつけると、「12000語を学習済みにしたい」というニュアンスがはっきり伝わりますね。

    「〜だから…」というニュアンスを示したいとき"así que"を使うべきか"por eso"を使うべきか…これも迷ったのですが、"así que"が正解だったようです。「どちらの方がより自然か」というニュアンスの違い、難しい…! 今回のようにネイティブに聞いたり、スペイン語の文章にたくさん触れたりしながら身につけていくしかないですね。

  8. ④ Seguir estudiando español para aprobar nivel B1 de DELE el proximo año
    →Seguir estudiando español para aprobar el nivel B1 de DELE el año que viene
    .

    そしてまた定冠詞! いつも「冠詞忘れないぞ〜!!」と意気込んで書いてるんですが、やっぱりポロポロ漏れていくんだなあ。
    "el proximo año"はダメなんだろうか…? "año que viene"の方が「きたるべき来年」という感じがするのはわかるけど、絶対というわけではない気がする…。う〜ん。

    ⑤ Escribir artículos de blog sobre español y ruso cada una vez al mes, por lo menos
    → Escribir artículos sobre español y ruso para el blog una vez al mes por lo menos.

    「ブログの中の、スペイン語とロシア語の記事」なので、"el blog"の位置をずらした方がわかりやすいですね。前置詞"para"も盲点でした。「ブログのための記事」というニュアンスかしら。

 はい、というわけで。添削を踏まえ、清書してまいります。

いただいた指摘が必ずしも「正しい」ものとは限りませんが、少なくとももとの文よりは読みやすいスペイン語になったはず!

 

Mis objetivos para este año

 

El próximo verano de este año, vuelvo a trabajar como maestra de una escuela secundaria.

Es la primera vez que trabajo después di a luz a mi hija / desde que nació mi hija.

De modo que mi primera prioridad este año será descansar mucho y no trabajar demasiado.

Es para compaginar el trabajo en casa y en escuela. No tener demasiado estrés es importante.

También quiero estudiar poco a poco de español, ruso e inglés, escuchando los cursos por radio.

 

Y  antes de que llegue el verano:

①Aprobar el examen del primer nivel de Kanken (=el examen de caracteres chinos).

②Aprobar el examen del primer nivel de ТРКИ, el examen de ruso.

③Llegar a las 12 mil palabras (aprendidas) inglés. (Ya sé 9 mil palabras, así que tengo que memorizar 3 mil más.)

④Seguir estudiando español para aprobar el nivel B1 de DELE el año que viene.

⑤Escribir artículos sobre español y ruso para el blog una vez al mes por lo menos.

 

 

接続法を使ったイディオムや慣用表現、読むことはできても自分で使いこなすのはまだまだ難しい…。今回のように、こなれた表現を自分の文章に取り入れることができるのはとっても嬉しいものです。

ライティングはエネルギーを使うので、ゆったりとしたペースでしかできませんが、引き続き少しずつ頑張っていこう〜。

 

さて、「最低でもロシア語・スペイン語記事を月に1回ずつ」なんて書いた割に、今年最初のスペイン語記事をアップしたのが2月になっちゃいましたが…(笑)。今回は「1月分」ということで!(←またそうやって自分の首を絞める!)

ま、ライティング企画も「ロシア語の部屋」も、ぼちぼちと進めてまいりますよ〜。

 

さて、次回は通常営業に戻りまして、「ミッフィーのぼうけん」英語ディクテーションをお送りいたします(その前に「ロシア語の部屋」も更新する予定です!)。

また近いうちにお会いしましょう〜。

スペイン語ライティング修行記 〜Lang8の助けを借りて〜 その2「観光名所を案内する」

こんにちは。少しご無沙汰してしまいました。

今日は予告通り、スペイン語のライティング企画を前に進めてまいりますよ!

今のところ月に1回ペースになっちゃってますが、なんとか回数を増やしていきたいなあ…。でも「無理はしない」がこのブログのモットー! 今日もマイペースに楽しんでいきましょう〜。

 

スペイン語ライティング企画の詳細については、こちらの過去記事をご覧ください。

スペイン語ライティング修行記 〜Lang8の助けを借りて〜 プロローグ「自己紹介」

続きを読む

スペイン語ライティング修行記 〜Lang8の助けを借りて〜 その1「私とスペイン語」

こんにちは。マミです。

 

今日は予告通り、スペイン語ライティング学習の第二弾をお送りいたします。

前回のスペイン語ライティングから1ヵ月以上経ってしまいましたが、まあマイペースにやってまいりましょう。今回も相互添削型SNSLang-8  を使って学習していきますよ〜。

 

スペイン語ライティング企画の詳細については、こちらの過去記事をご覧ください。

スペイン語ライティング修行記 〜Lang8の助けを借りて〜 プロローグ「自己紹介」

続きを読む

スペイン語ライティング修行記 〜Lang8の助けを借りて〜 プロローグ「自己紹介」

こんにちは。マミです。

今日は久しぶりにスペイン語の話。

というか、スペイン語学習の新企画を始めようと思っています。

 

スペイン語検定4級取得からはや1年、中級レベルも板についてきた今日この頃。DELE B1受験に向けて、「読む」「聞く」だけでなく「話す」「書く」も含めた4技能をまんべんなく伸ばしていきたいと考えております。

 

ところが、「読む」「聞く」の2技能はテキストと音源さえあれば独学でなんとかできるものの、「話す」「書く」の練習は相手がいないとなかなか難しいものです。

 

そこで、インターネットをフル活用。といっても、教師のくせにとってもシャイな私、誰かとオンラインで「話す」のはちょっとハードルが高すぎるので、まずは「書く」から始めてみたいと思います。

以前にもこのブログで紹介したことのある「Lang-8」というウェブサイトを利用して学習を行います。

 

リンクはこちら → http://lang-8.com

続きを読む

スペイン語文法 接続法の用法まとめ②〜接続法過去/接続法過去完了〜

こんにちは。

昨日に引き続き、スペイン語文法についてまとめていきますよー。

 

前回記事(接続法現在についてのまとめ)はこちらです↓

スペイン語文法 接続法の用法まとめ①〜接続法現在〜

 

今日は接続法過去です。接続法過去完了形というのもあるので、違いがわかるようにまとめたつもりですが、どうかしら。

また、接続法現在形や接続法現在完了形とごっちゃになってしまいがちな例もあるので、比較することで使い分け方を示していきます。逆にややこしかったらごめんなさい。

 

接続法過去/接続法過去完了

 

①接続法が用いられる文型で、主節が過去形のとき→接続法過去形

※婉曲表現で過去形(線過去形や過去未来形など)を使っている場合も同じ。

No creía que vinieran. [venir/ellos]

(彼らが来るとは思わなかった。)

No había nadie que lo ayudara. [ayudar/nadie]

(彼を助けてくれる者は誰もいなかった。)

Les agradecería mucho que me enviaran el catálogo. [enviar/ellos]

(カタログをお送りいただければ幸いです。)

 

②婉曲表現として用いるとき(-se形は用いず、-ra形のみ)→接続法過去形

Te quisiera pedir un favor. [querer/yo] →quería(線過去形), querría(過去未来形)などと同じ

(あなたにお願いがあるのですが。)

No debieras llamarlo tan tarde. [deber/tù]

(君はそんなに遅くに電話をするべきではないでしょう。)

 

③「もし〜なら」と仮定・条件を表すとき

・単なる仮定を表現するとき→直説法現在形+未来形

 Si hace buen tiempo mañana, saldré. [hacer/-]

 (もし明日天気なら、外出します。)

・事実に反する仮定や実現性の乏しい仮定のとき→接続法過去形+直説法過去未来形

 Si hiciera buen tiempo mañana, saldría. [hacer/-]

 (明日もしかして天気がよければ、外出するのですが。)

・過去の事実に反する仮定のとき→接続法過去完了形+直説法過去未来完了形

 Si hubiera hecho buen tiempo ayer, habría salido. [hacer/-]

 (昨日もし天気が良かったなら、外出したのに。)

 

 ④接続法過去形が用いられる文型で、過去のある時点までに起こった出来事を表すとき→接続法過去完了形

No creía que te hubieras casado. [casarse/tú]

(君が結婚していた(=過去に)とは思わなかった。)

Yo quería hablar con alguien que hubiera estado en Japón. [estar/alguien]

(私は誰か日本に行ったことのある(=過去に)方と話したいのですが。)

 

⑤願望文

・現在・未来に対する願望→接続法現在形

 ¡Ojalá venga mañana! [venir/él]

 (どうか明日彼が来ますように!)

・すでに終了している・今行われているはずのことに対する願望→接続法現在完了形

 ¡Ojalá haya venido! [venir/él]

 (どうか彼が来ていますように!)

・過去に対して「〜であればよかったのに」と実現不可能な願望→接続法過去形接続法過去完了形

 ¡Ojalá viniera ayer! [venir/él]/¡Ojalá hubiera venido ayer! [venir/él]

 (彼が昨日来れば良かったのに!)

 

 

 接続法過去・接続法過去完了の用法についてのまとめは以上です。

いかがでしょうか。自分以外の人にも伝わりやすくなるよう考えて書くのって、難しいですね。しばらく教職から離れていますが、授業の板書計画の立て方などを思い出しながら書きました。

 

書きながら、自分でもまだよくわかっていないようなところもあったりするので、わかりづらいところがあればお気軽にコメントをいただければ幸いです。私の勉強にもなりますので。

 

では、次回は毎週恒例「ミッフィーのぼうけん」英語ディクテーションをお送りしたのち、5月に受けたTOEICの公開反省会を行おうと思います。

なんと前回よりも点数が下がってしまいました。じっくり反省せねば…!!

 

では、また近いうちにお会いしましょう〜。